日印音楽交流会および北インド古典声楽と
尺八演奏家/教育家であるホッフマンを紹介するサイト

Profile

トップ>T M ホッフマン プロフィール

1951年、米国Pennsylvania州York市生まれ。
ピアノを4歳より12年間G M Myers師、1977年より尺八を故人間国宝山口五郎師、1982よりインド古典声楽をGanesh Prasad Mishra師の許で実践を積む。

1989年より日本、インド、パキスタン、米国、ヨーロッパなどの音楽祭や国営テレビ・ラジオでの演奏。 インドと日本両国の名手との共演CD「INTEGRAL ASIA*幻楽夢奏」(2004年)主演と監修。高崎及び東京にてインド音楽教室を主宰。NPO日印音楽交流会代表として国内外の企画を実施。

カリフォルニア州立大学(音楽・人文科学)、国際基督教大学(音楽・言語学)、インドのバートカンデ音楽大学(インド古典声楽と笛)、ハワイ大学大学院/米国国立東西研究所修士課程(アジア音楽)、優等卒業。 インド最大音楽大学の実技試験に、政府の特別許可でインド笛の代わりに尺八を使って臨み、その発想の斬新なことで評価を博する。古典声楽と笛5年間実技・理論コースの師範と修士を優等卒業。

インド・南アジア全国と日本、欧米での音楽祭や劇場、テレビ・ラジオなどで演奏や講演のかたちで活動を広げる。 『尺八と箏のためのインド音楽』など日本語・英語・ヒンディー語による音楽資料著作。ユネスコ、国際交流基金、文部省、日本ビクターなどの音楽製作物の監修・解説や編集、オクスフォード大学出版やインド国立文芸出版局の出版物などの訳書多くある。 インドのヒンドゥー教・仏教・シーク教の寺院など、スリランカにて世界仏教連盟の本寺など、日本にて建長寺、築地本願寺、護国寺などで演奏や音文化研修講師。

1993年より武蔵野音楽大学で民族音楽学講師を勤める。 他に、高碕健康福祉大学と慶応義塾大学(国際センター)講師。 多数の大学と小・中・高等学校、朝日カルチャー・センター、国際交流基金、各地の生涯学習センターや教育委員会などの公開講座を担当する。

1987年ウッタ−ル・プラデーシュ州知事賞(古典声楽)、2003年日本外国特派員協会デロイ賞(国際文化交流)、米国国立東西研究所および米国インド学会などの受賞。 2008年2月にインド芸術連盟より「Sangeet Acharya」(音楽聖人)名称が与えられた。

※インタヴュー、コラム記事のご紹介
【英文記事】
・全インド教育連盟によるインタヴュー
・英字読売新聞「Daily Yomuiri」特集記事 (2006年6月)

【日本語記事】
・インドチャネル・コラム記事「日本文化とインド音楽」(2007年9月)
・日本経済新聞・文化欄「和歌・和楽器にインドの音」(2007年9月)
・母校ICU(国際基督教大学)のWeb site 「卒業生は今」 (2006年8月)

Contents

Blog

http://ijmuea.exblog.jp/
ブログをぜひご覧ください。

Internet radio

Care-Fit WEB STATION
紲〜Kizzna〜
出演中です。
過去の放送もお聞き頂けます。
Address
日印音楽交流会(日本事務所)
代表: T M ホッフマン 
事務: 有賀佐紀子
〒370-2604
群馬県甘楽郡
下仁田町吉崎130
TEL/FAX : 0274-82-3160
ijmusath@po.wind.ne.jp


















Copyright (C) 2008  T M Hoffman   all rights reserved